若草山 夜景も美しい市内を一望できる心地良い空間

旅行

若草山 夜景も美しい市内を一望できる心地良い空間
  • zzz
   

東大寺の東側奈良公園から続く、芝で覆われた美しい山で毎年1月には山焼きが行われ奈良の人気行事の1つです。山頂へは東大寺の北側にある「奈良奥山ドライブウェイから山道を上がっていきます。山頂からは奈良市内が一望でき遠くに生駒山を眺めることが出来ます。麓から続く芝で覆われた斜面はとても美しく、山頂まで芝は続いています。青い空と緑の芝、のんびりとくつろぐ鹿たちと、ゆっくりとした時間を共にリラクスして過ごせるとても贅沢な空間です。

アクセス>
・JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス「春日大社本殿行」で終点下車
 山麓まで徒歩約5分。
 または、奈良交通バス「市内循環外回り」で「東大寺大仏殿・春日大社前」
 で下車、山麓まで徒歩約10分。
 『ぐるっとバス「奈良公園ルート」』利用で山麓(南ゲート)まで行けます。
 ハイキングコースで山麓(南ゲート)から山頂まで30~40分

入山料>
・大人(中学生以上)150円 小人(3歳以上)80円
 大人 120円 小人 60円(団体 30名以上割引)


・車の場合は東大寺北側の奈良奥山ドライブウエイ(新若草料金所から)

開山期間>
3月第3土曜日から12月第2日曜日です。 午前9時から午後5時まで。




若草山(わかくさやま)は、奈良県奈良市の奈良公園の東端に位置する標高342m、面積33haの山。なだらかな山腹が芝に覆われており、奈良を代表する景観の一つである。山頂には古くから知られる鶯塚古墳(前方後円墳)があり、「鶯山」とも呼ばれる。また、菅笠のような形の山が三つ重なって見えることから俗に「三笠山」とも呼ばれ、御蓋山と混同されてきた。さらには「かつて若草山の正式名称は三笠山だった」と言われることがあるが、これは俗説である。江戸時代に南都八景の一つとして 「三笠山雪」 が挙げられていたが、これは若草山の芝の上に積もる雪が真っ白に美しく見えることによる。山頂から見る奈良の夜景は、新日本三大夜景のひとつに認定されている。

出典 http://ja.wikipedia.org


  
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
 

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ