室生寺 写真家土門拳が愛した晩秋の古寺!

旅行

室生寺 写真家土門拳が愛した晩秋の古寺!
  • zzz

室生寺は奈良のお寺の中でも最も山深いところにあるお寺の1つではないでしょうか。奈良末期に草創されたと伝えられるこの寺は伽藍や木彫りの仏像など当時の面影を強く残したとても歴史を感じる古寺です。
駐車場又はバス停から寺の入口である太鼓橋まで川沿いに山の風景と古い建物を眺めながら進んでいくと、まるでタイムスリップしたような感覚に陥ります。
「古寺巡礼」や「女人高野室生寺」で有名な写真家土門拳さんが最も愛した寺だともいわれていますね。 
この山中の大自然の中に溶け込むように佇む伽藍 金堂>本堂>五重塔>奥の院 とそれぞれの伽藍に到達するにはその都度石階段を上り、1つまた1つと山を登るように境内を巡ります。これほど自然に溶け込んだお寺は他にないのではないでしょうか。


拝観時間 4月1日~11月30日 8:30~17:00
     12月1日~3月31日 9:00~16:00
拝観料金 大人¥600 子供¥400

アクセス 近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車徒歩5分
駐車場  普通車100台 大型バス10台 有料

室生寺
住所   〒633-0421 宇陀市室生78
TEL    0745-93-2003


室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。開基(創立者)は賢憬(賢璟)、本尊は釈迦如来である。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られる。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。

出典 http://ja.wikipedia.org

駐車場から川沿いに入口の太鼓橋を目指します。

橋本屋

土門拳さんが室生寺撮影の常宿としていた橋本屋さん。

太鼓橋

仁王門

鎧坂

最初の石階段はこの鎧坂でここを登り切ると正面に金堂・左に弥勒堂(改修工事中~2019年3月末)が現れます。

金堂

茅葺のとても歴史を感じる金堂です。↑
中尊釈迦如来立像・十一面観音像・地蔵菩薩立像・伝帝釈天曼荼羅・薬師如来立像・文殊菩薩立像・運慶作十二神将像を祀っています。


次の本堂に続く石階段の上からの眺めもいい感じでした。↓

本堂(灌頂堂)

本堂は建物はそれほど大きくはありませんが屋根が大きめで反りが美しい建物です。
如意輪観音菩薩を祀っています。

五重塔

3つ目の石階段は五重塔に続く階段です。
階段を上るにつれて姿が見えてくる五重塔は美しく感動的、室生寺を象徴する建築物で、法隆寺の塔に次ぎ日本で2番目に古い木造五重塔です。
山中に建てた為かサイズは一般的な塔と比べるとやや小さめですが美しい塔です。

本堂の後ろ側、五重塔から見た紅葉と本堂。

五重塔からさらに石階段を山頂へ進むと奥の院へと続きますがここからはかなり急な坂が続き距離もそこそこあります。

奥の院(御影堂)

石段を上りきると奥の院、左の建物が弘法大師を祀る御影堂です。
大師堂の中でも最古のものと言われています。

釈迦如来坐像

改装工事中の弥勒堂に祀られる釈迦如来坐像。
土門拳氏が最も男前の釈迦如来像と言ったとか…。

十一面観音像

金堂に祀られる、ふくよかな表情の十一面観音像。

如意輪観音菩薩

本堂に祀られる如意輪観音菩薩像。



帰りにぜひ食べてほしいのがこのあたりの名物、焼き立てのよもぎ餅。
室生寺から駐車場・バス停までの道にお店が並んでいます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】SONY ソニー α7III ILCE-7M3K ズームレンズキット
価格:244800円(税込、送料無料) (2018/6/14時点)


稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ