龍田神社 法隆寺の鎮守として創建された太子ゆかりの神社!

旅行

龍田神社 法隆寺の鎮守として創建された太子ゆかりの神社!
  • zzz

龍田神社は竜田川に掛かる竜田大橋と法隆寺のちょうど真ん中ほど、国道25号線の北側の旧道沿いにあります。法隆寺の鎮守社として龍田大明神を祀る神社として創建され法隆寺を強風・台風から守るとされる聖徳太子ゆかりの神社です。また日本の伝統芸能・能楽の、能のシテ方流派の1つ「金剛流」発祥の地とされています。

参拝自由 〒636-0152 生駒郡斑鳩町龍田1-5-3

アクセス:JR王寺駅・近鉄王寺駅より奈良行バス(8分)→竜田神社前下車(歩約1分)



龍田神社(たつたじんじゃ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある神社である。

崇神天皇の時代に創立され、法隆寺の鎮守とされていた。伝承によれば、聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したという。元々の社名は「龍田比古龍田比女神社」で、その名の通り龍田比古神・龍田比女神の二神(龍田大明神)を祀っていた。延喜式神名帳にもこの名前で記載され、小社に列している。しかし、後に龍田大社より天御柱命・國御柱命の二神を勧請したため、元々の祭神は忘れられてしまった。現在は天御柱命・國御柱命を主祭神とし、龍田比古神・龍田比女神を配祀している。

出典 http://ja.wikipedia.org

金剛流発祥地の碑

金剛流は、能楽シテ方の1流で、大和猿楽四座(結崎・円満井・外山・坂戸)のうちの坂戸を源流とする。

坂戸座は、その名称を法隆寺周辺部にあった古代郷で、おむね現斑鳩町の並松・五百井・服部・竜田・小吉田・稲葉車瀬・神南付近を範囲とする坂戸郷に由来し、古刹法隆寺に所属して発展をみた猿楽の座である。

中世の法隆寺付近には、法隆寺東郷・西郷が成立しており、その郷民たちの精神的紐帯として祀られた竜田神社を中心に、竜田市が栄えていた。

「法隆寺々要日記」によれば、覚元元年(1243)にはこの市の守護神として、摂津西宮から夷神が勧請され、その祭礼に郷民自身による猿楽が盛んに演じられたとある。

法隆寺付近の郷民たちは、竜田市の経済力を背景に、強固な自治的組織を生み育て、祭礼に彼ら自身が芸能を演じて楽しむとともに、彼らのなかで法隆寺に所属し、大和一円で活躍した専門の猿楽集団である坂戸座を育てたのである。

よってここに金剛流発祥地の碑を建てる。



Youtube





1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ