依水園 東大寺南大門の西、奈良の名勝日本庭園

旅行

依水園 東大寺南大門の西、奈良の名勝日本庭園
  • zzz

東大寺南大門の西隣に依水園はあります。東大寺大仏殿を拝観し法華堂・二月堂を回り大仏殿の裏側に降りてきますが、戒壇堂から南へ進むとちょうど依水園の入口になります。
東大寺をぐるり一回りした後、依水園の三秀亭で日本庭園を眺めながら抹茶やコーヒーでの一服はおススメですし、昼時なら麦飯とろろや鰻とろ御膳などの昼食も頂けます。(三秀亭には依水園の入園料は不要です)
昼食や一服の後はぜひ日本庭園をゆっくりと散策してください。三秀亭からの眺めを主とした前園と、おそらく散策を意図して造られた若草山・東大寺南大門を借景とする後園は、全く異なるコンセプトの見ごたえのある庭園になっています。

依水園(いすいえん)は奈良県奈良市にある池泉回遊式庭園(日本庭園)。国の名勝に指定されている。前園と後園の二つに分かれており、それぞれが異なった景観を見せる。前園は寛文12年(1673年)に晒職人であった清須美道清の作庭で、茶室「三秀亭」がシンボル。後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で、作庭は裏千家十二世又妙斎宗室による。寧楽の都をモチーフとし、若草山や東大寺南大門などを借景とする。いずれも大和川支流吉城川(よしきがわ)の水を引いている。海運業で財を成した中村家が1939年に買い取り、前園と後園を合わせた形に整備した。1969年には、中村家所蔵の美術品を展示するため、寧楽美術館を建設して一般公開している。

出典 http://ja.wikipedia.org

食事処「三秀」

食事処「三秀」では前園(日本庭園)を眺めながらの食事や喫茶が楽しめます。
食事 午前11:30~午後2:00
喫茶 午前10:30~午後3:30

麦飯とろろ ¥1850 鰻とろ午前¥3000
抹茶と干菓子¥850 抹茶と最中¥850
ぜんざい  ¥720 珈琲   ¥520
その他 ビール・甘酒・紅茶など

寧楽美術館

寧楽美術館では海運事業家の中村家が所蔵している古代中国の青銅器・拓本・古印・古鏡や高麗・朝鮮王朝時代の陶磁器、日本の茶道具や古瓦などが展示されています。

前園 三秀亭

三秀亭からの眺めを主に江戸時代に造られた日本庭園。2つの中島を持つ三秀亭前面にある池を中心に四季を楽しめる様造られた庭園で、造園当時は三山を借景とした造りになっていたと思われます。

清秀庵

氷心亭

後園

後園は明治時代に実業家の関藤次郎が造った築山式の池泉回遊式庭園で、遠くに若草山・春日奥山・御蓋山・東大寺南大門を借景とした広大な庭園です。前園以上の池を中心に立体的に造られた日本庭園で緩やかに流れる小川まで有しています。四季の木々や花を楽しみながらゆっくりと散策出来ます。

柳生堂

寄付

挺秀軒


開園時間 9:30~16:30(入園は16:00まで)
休園日  平日の火曜日・祝日の翌水曜日・年末年始
入園料  一般 ¥900  大学生¥810
     中高生¥500  小学生¥300
     (土曜は保護者同伴の小中学生無料)
    



1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!