當麻寺 神秘の山二上山の麓に建つ中将姫伝説の寺

旅行

當麻寺 神秘の山二上山の麓に建つ中将姫伝説の寺
  • zzz

大阪(河内)と奈良(大和)の境にある二上山は古代から信仰の山とされていました。この山の麓に、推古天皇の20年(612年-飛鳥時代)に用明天皇の皇子で聖徳太子の異母弟の麻呂子親王(まろこしんのう)が創建した「萬法蔵院禅林寺」が當麻寺の起源とされ、それを天武天皇白鳳9年(681年)親王の孫・當麻真人国見(たいまのくにみ)が現在の地に還し「當麻寺」と改めたとされています。

鎌倉時代から浄土信仰の流行と共に當麻曼荼羅に対する信仰が高まり、以後この寺は曼荼羅を中心に発展しますが、この當麻曼荼羅こそ美しく才女であるがために継母から虐げられ殺されかけたにも関わらず、少しも恨むことなく一心に仏の道に精進し、ついには極楽浄土を目の当たりに感得し當麻曼荼羅を織り上げ、阿弥陀如来と25菩薩の来迎を受け極楽浄土へ迎えられたという藤原豊成の姫・中将姫伝説にまつわるものです。

仁王門(東大門)

日本の寺院は南を正面とする寺がほとんどですが、ここ當麻寺は東から山に登る様な形で参道があるため東門が正面となっています。

仁王門を潜ると少し開けた広場があり、その先に金堂・講堂が南を正面に参道を挟むように建っており、その先に本堂が南向きにあります。

鐘楼

娑婆堂

毎年5月14日に行なわれる中将姫の練供養会式では、この娑婆堂(人間界)に阿弥陀如来と25菩薩が中将姫を迎えに来て本堂(極楽浄土)へ連れて行くという儀式が行われます。

宗胤院

中之坊

中之坊:中将姫剃髪の地と伝承されています。

講堂

講堂(重要文化財)
金堂の背後(北)に建つ。野垂木の墨書により鎌倉時代末期の乾元2年(1303年)の再建であることが知られる。堂内は梁行4間のうち中央の2間分に板床を張り、本尊阿弥陀如来坐像、もう1体の阿弥陀如来坐像、妙幢菩薩立像、地蔵菩薩立像(以上重要文化財)のほか、多くの仏像を安置する。

出典 http://ja.wikipedia.org

金堂

金堂(重要文化財)
鎌倉時代の再建。亀腹形の仏壇を築き、本尊の塑造弥勒仏坐像、乾漆四天王立像などを安置する。藤原京や平城京の大寺の金堂に比較すれば小規模だが、氏寺の金堂としてはふさわしい規模とされ、創建以来の規模を保っているものと思われる。
中世以降、當麻寺の信仰の中心は当麻曼荼羅を安置する本堂(曼荼羅堂)に移っているが、本来の中心堂宇が金堂であったことは言うまでもない。

出典 http://ja.wikipedia.org

石灯籠と金堂(南側)

金堂の裏(南側)に東塔へ向かう道がありますが、中に安置されている仏像は全て南を向いており正式にはこちらが正面の様です。(金堂は北側から入りますが、仏像の背面からぐるりと回って参拝する形です。

東塔

東塔へは金堂の裏(南側)を南へ少し行くと左手方向に道が続きます。
とても狭い道を上って行くと塔で一杯一杯の平地上に三重塔が建っていますが東側に回ると若干の空間があります。本当に山の一部に最低限の平地を設け塔を建てた感じですが、金堂・講堂・本堂より数メートル高い地に建ってる為か外から見ると三重塔とは思えないほど目立って見えます。 残念ながら現在西塔は修復中で見ることが出来ませんでしたが、2つの塔が昔のままそろって建っているのは必見の価値ありです!

本堂

本堂(曼荼羅堂-国宝)
金堂・講堂の西側に、東を正面として建つ。梁行6間のうち、奥の3間を内陣、手前の3間を礼堂とし、内陣は須弥壇上に高さ約5メートルの厨子(国宝)を置き、本尊の当麻曼荼羅を安置する。左右(南北)端の桁行1間分は局(小部屋)に分け、北側西端の間には織殿観音と通称される十一面観音立像を安置する。背面北側の桁行3間分には閼伽棚が付属する。

出典 http://ja.wikipedia.org

中将姫像

中将姫伝説

時は天平の昔、奈良時代聖武天皇の頃。右大臣藤原豊成と妻百能(ももよし)には子がありませんでした。あるとき、長谷寺の観音様にお祈りすると子供が授かると聞き、夫婦でお参りに行きました。祈りは通じ夫婦は姫君を授かり、二人はこの上なく喜び深い愛情を持って育てました。
ところが姫君が3歳の時に母君は病の床に就き亡くなってしまい、継母に育てられることになりました。姫君は美しく成長し9歳のとき天皇に召され琴を演奏します。天皇は大変感動され姫君に三位中将の位を授けました。

継母は姫を妬み、豊成に讒言をしたり雪の日に松の木に縛り折檻をしたり・・・遂には豊成の留守に暗殺を企てました。暗殺を命じられた家来は姫を山に連れて行ったのですが敬虔な姫を殺すに忍びず、雲雀山の山中に共に潜み守って暮らしました。

その後雲雀山に狩りに来た豊成に再会し、中将姫は家に帰ることができたのです。しかし姫は世の無常を知り「私の命が助かったのは、仏様のご加護のお蔭です。」と仏門に入ることを決意します。そして17歳にして出家して當麻寺に入り信仰の道を歩みます。

翌年、中将姫がひたすら西方浄土に憧れ写経をしていると、観世音菩薩と阿弥陀如来が連れ立って姫の下に降臨され、姫に5色の蓮糸で曼荼羅布を織るようにと言われます。姫は蓮糸を集め、井戸で染め、一晩のうちに極楽浄土の描かれた1丈5尺四方(約4.5m平方)の曼荼羅を織り上げました。それが當麻寺に伝わる當麻曼荼羅で今も多くの信仰を集めています。のちに29歳の春、中将姫は阿弥陀如来と25菩薩の来迎を受けて極楽浄土へ迎えられたという。その様子は毎年當麻寺の5月14日に行われる中将姫練り供養で描写されています。

中将姫がいかに継母から虐げられても少しも恨むこともせず、ただ一筋に仏の道に精進してついに極楽浄土を目の当たりに感得し、當麻曼荼羅を織り上げ浄土に迎えられたというこの伝説は、謡曲や歌舞伎・浄瑠璃で大変人気を博したそうです。藤原豊成は実在の人物で藤原不比等の孫にあたり、藤原仲麻呂の兄でもあります。ならまちには中将姫ゆかりの誕生寺、高林寺・徳融寺・安養寺があります。中将姫の敬虔な心、信仰の深さを偲び訪ねてみてはいかがでしょうか。

出典 http://www.narastory.com

中将姫伝説には実在したモデルが幾人か想定されてるそうですが、物語の内容が平安中期~鎌倉時代にかけて流行した浄土信仰に深く根差しており、また仏教用語が多く見受けられることから、後世の僧侶が書いたものではないかという推測もあるようです。中将姫伝説に語られてるような過酷な人生を歩まざるを得なかった実在の人物を少しでも救ってあげる為に、阿弥陀如来と25菩薩が極楽浄土へと迎えに来る。というハッピーエンドストーリーにしたのではないかとの事です。


来迎院

奥院楼門

宝物館

西南院

奥院本堂~浄土庭園

奥の院
浄土宗の子院。応安3年(1370年)、知恩院12世の誓阿普観が創建したもので、当初は往生院と称した。当院は知恩院の奥の院とされ、近世以降は「当麻奥院」と称された。宗教法人としての名称も「奥院」である。誓阿が知恩院から移したとされる円光大師(法然)像(重要文化財)を本尊とし、知恩院所蔵の四十八巻伝の副本とされる『法然上人絵伝』48巻(重要文化財)を所蔵する。慶長9年(1604年)建立の本堂、慶長17年(1612年)建立の方丈、正保4年(1647年)建立の鐘楼門は重要文化財に指定されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

奥の院本堂の裏には浄土庭園があります。
信仰の山二上山に向かって山を登り、さらに本堂の奥の奥の院へ、そしてその裏には極楽浄土を表した庭園が…二上山をバックにこのシチュエーションは他では感じられない何か、パワースポット的なものを感じます。私が訪れた日は朝は晴れていたのですが、ちょうど奥の院・浄土庭園を回った頃に雲行きが怪しくなり、雨が降り出しました。真っ黒な雲が青空を覆い隠してゆく様はとても神秘的なものを感じました。

北門

薬師堂

中将姫墓塔



Youtube



Twitter

ちょっと早いけど紅葉狩りに奈良県の「當麻寺」に!奥の院で秘仏や曼荼羅の公開して満喫しながら庭散策してると季節外れの桜が咲いてました(^^)いつ行ってもなんか発見さしてくれる大好きなお寺です! pic.twitter.com/GChr2Yqw9d
葛城市當麻寺の名物よもぎ餅で有名な中将堂にて期間限定のぜんざいを食す。焼いた草餅2つ入ったぜんざいと塩昆布。よもぎの程よい匂いと品のある甘い小豆。これは美味なり!赤福ぜんざいより好み。 pic.twitter.com/mm76soASUw



お食事処

釜めし玉や

蕎麦屋薬庵

すき焼き小川亭

Caffe・文具 文晃堂

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ