法起寺 現存最古の三重塔を有する、もう1つのコスモス寺!

旅行

法起寺 現存最古の三重塔を有する、もう1つのコスモス寺!
  • zzz

法輪寺から東へ歩いて10分強、みごとなコスモス畑に囲まれた寺が法起寺です。
こじんまりとしたお寺ですが現存最古の三重塔を有し境内の池の周りはゆたりと寛げる空間です。しかし何といっても寺院周りのコスモス畑が圧巻で、外側からコスモス畑を通して観る三重塔が必見です!

法起寺(ほうきじ、ほっきじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町岡本にある聖徳宗の寺院。古くは岡本寺、池後寺(いけじりでら)とも呼ばれた。
山号は「岡本山」(ただし、奈良時代以前創建の寺院にはもともと山号はなく、後世付したものである)。本尊は十一面観音。聖徳太子建立七大寺の一つに数えられることもあるが、寺の完成は太子が没して数十年後のことである。「法隆寺地域の仏教建造物」の一部として世界遺産に登録されている。
世界遺産・法隆寺が所在する斑鳩(いかるが)の里には、法起寺のほか、法輪寺、中宮寺など、創建年代が7世紀にさかのぼる古代寺院が存在し、この地が早くから仏教文化の栄えた地であったことがわかる。法起寺は法隆寺東院の北東方の山裾の岡本地区に位置する。この地は聖徳太子が法華経を講じた「岡本宮」の跡地と言われ、太子の遺言により子息の山背大兄王(やましろのおおえのおう)が岡本宮を寺に改めたのが法起寺の始まりと伝えられている。

出典 http://ja.wikipedia.org

西門

境内に入ってすぐ右側の池には、睡蓮のが池を覆っていました。

のどかな雰囲気の中、ゆったりとくつろげる境内の庭…。

聖天堂・講堂(観音)

三重塔

現存する日本最古の三重塔という事で…どんだけボロボロなんだろうと思っていくと、何度か修復工事をされてるためか最古とは思えないほど綺麗な塔です。

南大門

正門から南側へ… 現在は使われていない南大門の方へとコスモス畑の中を廻って行来ます。この辺の眺めも良いですよ。

境内外側のコスモス畑から~

奈良県斑鳩町法起寺での撮影。
この日は撮影会で法起寺行った。法起寺の本尊は十一面観音。聖徳太子建立七大寺の1つに数えられる。 pic.twitter.com/e4fiFIEmLL
法起寺のコスモス見頃になってきた。(^O^) pic.twitter.com/VPMqd5FndJ
今日行ったのに
雨で撮れなかった法起寺🤣
また来週かな

去年の写真です
オマケでした�pic.twitter.com/y263iE4CV5 V5
奈良県、法起寺のコスモスが満開でした。 pic.twitter.com/4PmbSvJNm4

1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう